WiMAXの電池を長持ちさせるおすすめの活用術

外出先でインターネットを楽しむためにWiMAXを持ち歩いている人も少なくありませんが、屋外での使用で注意しなくてはいけないのが電池の残量です。技術の向上に伴って長持ちするようになっているとはいえ、使い方によっては消耗が激しくなってしまうのは否めません。
そこで今回はWiMAXの電池を長持ちさせるおすすめの方法をご紹介します。

切り忘れ防止タイマーを設定する

モバイルルーターは技術の進化によって長時間の使用が可能になっているとはいえ、使い方によっては消耗が早くなってしまうのは否めません。
電池の消費を早めてしまう原因の一つに使用後の電池の切り忘れがあります。例えネットに接続していなくても電源がオンの状態では電池を消費してしまうため、使用するとき以外は電源を切っておくことが大切です。そこでおすすめとなるのが切り忘れ防止タイマーになります。こちらは文字通りうっかり使用後に切り忘れてしまっても一定時間で自動的にオフにしてくれる機能です。これにより、切り忘れによって気が付かないうちに電池がなくなってしまう心配もありません。

Bluetoothを始めとした省電力機能を活用する

電池の持ちを長持ちさせる簡単な方法の一つが省電力機能です。その名の通り必要最低限の電力消費に抑えることで電池の持ちを長くすることができます。ただしこのモードに設定中は通信速度に若干の制限が掛かってしまうので注意が必要です。
そのほかの電力を抑える手段としてBluetoothの利用もおすすめの方法になります。Bluetoothとは無線通信規格の一つで、携帯電話やゲーム機の通信でお馴染みのWi-Fiに近い存在と言えますが、こちらの方が消費電力が少ないのが特徴です。そのため、WiMAXの使用においてもこのBluetoothを活用すればより消費を抑えることができます。

携帯電話のアプリを使った省エネの方法

スマートフォンを始めとした携帯電話で欠かすことのできない物の一つが携帯アプリの存在です。需要の増加に伴ってその性能は飛躍的に向上していって、外出先から自宅の家電製品を操作できるなど、より生活に身近になっていると言っても過言ではありません。
そんな携帯アプリの中にはWiMAXの利用に役に立つ物もあります。主な機能としては、ルーターの設定や電源を含めた各種操作です。この機能を活用すれば電池の残量を常に把握しながら安心して使えるだけでなく、遠隔操作によってルーターを使用をする度に鞄から本体を取り出して電源を入れるといった手間も省くことができます。

WiMAXの電池の残量を常に把握しておくことは自宅はもちろん、外出先で使う上で欠かすことのできない大事なポイントです。いざ使おうとした時に電池が切れているといった状況に陥らないためにも、今回ご紹介した機能を上手に活用してみてはいかかですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*